The Woodprint

北海道/釧路/木版画家/中川敏彦

良い感じで出来ました!!

f:id:toshibon818:20200219044610j:plain


幣舞橋のたもと、夕日のシーンです
漁船は若干 盛っています(笑)
最近の集魚灯はほとんどLEDになっています

5版の8色摺りです 28.5×20cm 4つ切額用 
紙は越前和紙「喜太郎」の楮紙(白)です
最近特に気に入っています
しっかりしていて多色にぴったりです

細かい 仕事

f:id:toshibon818:20200211162052j:plain

A4程度の4つ切り額に入れる作品です  主版(黒い線)が彫りあがりました

シナなので細いところは木工ボンドで補強しながら 作成しています

皆さん どういう風にやっているのでしょうか?硬い木は価格が高くなるので困難です

シナの合板がリーズナブルで扱いやすいのですが 細い線などは 崩れやすいのです

これから色の版を 起こして行きます

 

シナベニヤの柔らかさ

f:id:toshibon818:20200104163105j:plain

彫り始めて2時間くらい
細い線がくずれやすいので、木工ボンドで補強!
ボンドを水で溶いて筆で彫った角に塗っていきます。
シナ材の合板を使っていますが、表面の厚さ1mm
くらいほしいところ。この合板は0.5mmくらい。

どなたか彫りやすさ・硬さ・価格のバランスの良い
版木があればご紹介してください!!

よく使っているのが
厚さ9mm長さ1810mm×幅910mmのとも芯のシナベニヤで

①東京の木版画専門店から1枚送料梱包料込みで2万円弱 表面 1mmくらい

②日高の木材業者から 1枚市内運送会社止めで7千円強
       共芯ではありますが表面板の厚さ0.5mmない
最近は②です

 

 

 

f:id:toshibon818:20200102093104j:plain


明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。


御朱印風 手作りお年玉袋!

今年、社会人になる姪に最後のお年玉!!

木版と落款、消しゴムはんこ、手書きを駆使して
心を込めて「青雲之志」!!